束縛はするけれど自分はされたくない、まさに俺様タイプの男性は、束縛により彼女がどんどん自分色になっていく過程を楽しんでいます。

彼のいうことを何でも聞くあなたに刺激を感じなくなり、他の女性に気が向くのも時間の問題でしょう。

常に不安感があり見放されるのが怖い

傷つきたくないという思いから、いつか彼女に裏切られるくらいなら自分の方から裏切ってしまおう…というタイプ。

このタイプは、束縛するほどにかえって疑心暗鬼になり、彼女が浮気をしている・自分は大事にされていないと思いこんだ結果、寂しさから浮気に走ることも考えられます。

恋愛体質の連絡マメはあらゆる女性に適用される

彼女の行動を把握したい、終始連絡をとっていたい、そんな恋愛体質かつマメな男性は、連絡という行為自体そのものが好きだと考えられます。

あなたを束縛する一方、他の女性にも同じようにメールを送っている可能性があります。あなた以上に依存が出来そうな女性を見つけたら、あなたへ向けられていた執着はあっさり切り替わることでしょう。

束縛の強さ=愛の大きさではありません!

束縛は愛ゆえの行動だからと強く拒否できない女性もいます。中には束縛されたい!という女性もいるでしょう。

しかし、度を越えた束縛はお互いにとって良い影響をもたらさず、今後モラハラやDVに発展していく可能性も低くありません。

もし束縛癖のある彼氏とこれからも関係を続けていきたいと思うのであれば、やはりその癖は少しずつでも改善してもらう必要があります。

二人でいるときはもちろん、会えない時間も楽しめるような自立した関係を目指しましょう。